スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャフトの長さ

 最近、シャフトの長さで悩んだりしてました。

結局、好みだとは思う。 長すぎたり短すぎたりして、癖が強いのが好みという人もいるはず。

バレルの長さにも関係してくるので、全体的に見てバランスのよいものがいいみたいですね。



バレルとシャフトを足した長さで自分の好みが決まると思うので、バレルを変えたなら、シャフトも変えるべきだなーと思いました。



-----------------------------------------------
 


私がいま使っているバレルは


World Champion Raymond van Barneveld レイモンド・ファン・バルネフェルド [unicorn]

価格:6,800円
(2014/2/6 18:57時点)
感想(0件)





で、長さは43.3mmです。



shaft_gear_normall.jpg
早見表 シャフト長さ fit locked


これはフィットフライトのロック型の早見表なので、フィットじゃなかったら微妙に長さ違うかもしれませんが…





これだと、私がいま使っているシャフトは、です。

最初は、長いほうが好きだったので、シャフトだけで49mmのとか使ってたんですけど、影響受けて、今は少しだけ短くしてます(′・ω・)

つまり今は、バレル+シャフトの長さが、67mm~71mmの間が好みってことですね(゜ー゜* )



短いと、まるでボールを投げてる感じになるし、
長いと、枝を投げてる感じ。

そのだいたい中間がいいんだと思います。

とかも試してみたんですけど、ちょっと短すぎるかなぁ・・・(;_;)




最近は、長いのが流行ってきてるみたいですね。

私も影響うけて、また長いのにしそう・・・。悩みます。




(゜ー゜* )(゜ー゜* )(゜ー゜* )1日100回クリック
↓↓↓↓↓↓↓


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ



(゜ー゜* )(゜ー゜* )(゜ー゜* )1日10回クリック
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

投げ方 (身体の向きと利き目編)

 これもまた、あくまで本場を参考にしたものですけど、

利き目がの人はみんな、ダーツ盤から少しだけ顔を横に背けた状態で投げてるんです。

若干左を向いて、流し目で見る感じ。


今までは特にそこに注目していなかったんですけど、

これが所謂、利き目が右目の人が有利と言われている理由なのかなと(゜ー゜* )




-----------------------------------------------




体の向きを、ダーツ盤に対して完全に垂直、つまり、完全にを向いた状態で腕を動かせたら、最高ですよね。

肩に全く力を入れることなく、腕を振れるから。



顔が真正面を向いた状態で、なおかつ、ダーツ盤に対して体の向きを垂直に向けるとなると、

結構つらいですよね(′・ω・)

身体を若干ねじらないといけないし。


しかも無理に顔を真正面に向けて投げようとすると、テイクバックした際に、顔に当たってしまいます




-----------------------------------------------




多くの人は、顔に当たるのを阻止するために、テイクバックする際に、

顔の右に一回そらしてから、投げてます。



これってめちゃめちゃ無駄な動作だと思うんです。

というか、勿体無い動作


せっかく、利き目が右なのに、こんなことする必要ないんですよね。



-----------------------------------------------



世界王者のフィルテイラーは、利き目が左です。


なのでしょうがなく、真正面を向いて、テイクバックの際に、顔に当たらないように、一回ずらしてから投げてます。


利き目が左だと、流し目でダーツを構えることができないので、これは理にかなってます。

妥協して、独自のフォームを作って、投げてるんです。


これを真似したってしょうがないです。



-----------------------------------------------



じゃあどうすればいいか!! o( ̄ ^  ̄ o)


少しだけでもいいので、顔を左に向ければいいんです!!



めっちゃになるんです。

しかもまっすぐにそのまま、思いっきりテイクバックできる


余計な力を入れないのはダーツの基本なので、これはすごいメリットだと思います。





外国の方が、めっちゃ適当に、楽に、ダーツを投げてるように見える理由は、これなんですね。




-----------------------------------------------









構えたダーツを横からみることになるので、立体視できるようになります。

真正面から見ていたら、2Dですが、

横から見るので、3Dで見ることができる。


これももしかしたら、メリットになるかもしれないですね!
今回DMC?でベストに入ってた人が、すげー!って言ってたので、
たぶん、少なくともプラスなはず!




前回の記事にも書きましたが、

手首で投げるのも必須になってきます。



手首で投げる
若干左を向いて投げる

これだけで全然、今までのダーツの常識が変わると思います。


しつこいようですが、めっちゃ楽になります ( ̄  ̄*)





↓↓↓↓↓↓↓ 一日に 100000回 クリック おねがいします(゜ー゜* )

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村


↓↓↓↓↓↓↓


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ

投げ方 (手首編)

 ずーっと最近、本場の投げ方の真似をしていて、

・Raymond van Barneveld
・Adrian Lewis
・Phil Taylor

などの選手の投げ方をよく参考にしてます。


-----------------------------------------------


重要なのは、手首

これはあくまで本場の考え方をもとにしたものですが、


理想的なフォームをするには、早い段階で、手からダーツをリリースしないといけないんですよね。

テイクバックをしっかりして、肘が90度になる少し前に、もう既にその段階で指からダーツを離さないといけない。

しかもその間に、高速回転をかけなければいけない。


-----------------------------------------------

回転をかける必要性の有無で考えるのではなく、

本場の人のダーツの動きから逆算して考えていきます。
(゜ー゜* )

-----------------------------------------------


まとめると、

1.早い段階、短い距離間でのリリース
2.高速回転

です。
しかし、追加で、インタビューでよく発言している、

3.回転をかける動作は、そこまで意識をしていない

が重要になってきます。

中指かそのへんの指で、ダーツを弾いた回転のかけ方があるんですが、
そうではないと言ってました。



じゃあどうやって回転をかけるのか!! o( ̄ ^  ̄ o)


-----------------------------------------------


基本的な考え方は今までと変わらないです。
自然とダーツが回転するように、

丸めた指を、自然に伸ばしていく動作の中で、回転をかける。

ですよね。

でも、これだけじゃ高速回転にはなりにくい。

腕を前に伸ばしていくだけじゃダメなんです。


無意識でやっている人もいると思いますが、
早い段階で手首をスナップしないといけないんですよね。


具体的に言うと、

肘が90度になった時点で、既に手首がまっすぐになってる状態にしなきゃいけない。


ちょっと参考動画貼ります。

-----------------------------------------------


Raymond van Barneveldの投げ方です。




-----------------------------------------------


この人の場合、
投げ終わったあとの手首の状態のほうが、見ててわかりやすいですね
(′・ω・)

明らかに手首で投げてます。




こうすることにより、ものっそい高速回転をかけることができるんですね。

余計な動作が減り、極端に言えば、手首だけで投げているので、腕全体で投げるよりも遥かに、無駄な動作がなくなる

つまり、間違いを起こす可能性が減る


なによりも、楽なんですよね、投げるのが。
おもいっきり構えなくても、ふわーんってなげるだけでいいんですからね(;_;)




つまり、自然と指が開く動作を、早めにしちゃおうってことです。


-----------------------------------------------


外人さんのダーツをみていて、みんな思うと思うんですけど、

めっちゃ適当に投げているように見えるんですよね。



日本人の多くは、腕をしっかり最後まで残してるんですけど、

そうじゃなくて、ほとんどそのまま振り落としてる感じ。


どうしてこんなに楽に投げれるのかなと考えたとき、

やはり、手首でスナップするのが重要だということに気づかされます。


高速回転を、指を弾かずに自然とかける。
しかも、早い段階でリリースする。
楽に投げる。

この三つから逆に考えると、手首のスナップ以外考えられなかったです。



で、それを意識して動画などを見てみたら、
やはり、そうでした。








もしよかったら、この下のアイコンをクリックしていただけるとうれしいです!
右のほうの、リンクにもあるんですけど、ブログのランキングに乗るみたいなんです!

お願いします!(*/∇\*) 

図々しいかなと思ったけど、みんなやってるみたいなのでずるいので私も!!!

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村




最終形態!

たぶん!私の中での、バレル最終形態になりました!!

やっぱり、本場の投げ方に憧れちゃって(′・ω・)

で、そうするうちにバレルの形も、その投げ方に適した物に変わってきました。

ストレートで、引っ掛かりが満遍なくあり、バランスの良い物。回転させやすいもの。

unicorn WORLD CHAMPION 2788 Raymond Van Barneveld 17g【ユニコーン ワールドチャンピオン レイモンド

新品価格
¥6,800から
(2014/1/29 13:50時点)





写真だとわかりにくいんですけど、真ん中の白い部分も、マイクログルーヴという細かいカットが施されていて、
ちゃんと、強すぎず、良い感じに引っかかるんです!

とあるお店で、2年間、試し投げ用においてあったものを触ってみたんですけど、
全然、ツルツルになってませんでした!

このマイクログルーヴというカットは、細かいが故に、長持ちするんです!


Raymond Van Barneveldという、オランダ人のめちゃめちゃ上手い人のバレルです!
世界王者のフィルテイラーのかつてのライバルと言われた人!
通称バーニー。だったかな?






--------------------------------------






TARGET ADRIAN LEWIS STRAIGHT ターゲット エイドリアン ルイス ストレート タングステン90%[※ソフトダーツ]

新品価格
¥8,000から
(2014/1/29 14:03時点)




この、エイドリアン・ルイスという人のバレルも好きなんですけど、それよりもちゃんと指に引っかかってくれる感じでした。






-------------------------------------






セットした感じでう!!!!!

気に入ってます!!!!!(〃⌒∇⌒)ゞ

フライトがスリムで、細いので、
もう、ほんと、棒って感じです(′・ω・)

20140129140507fc6.jpg

かっこいいでしょ!!!




---------------------------------------------





あ、そうそう!!

もしよかったら、この下のアイコンをクリックしていただけるとうれしいです!
右のほうの、リンクにもあるんですけど、ブログのランキングに乗るみたいなんです!

お願いします!(*/∇\*) 

って図々しいかなと思ったけど、みんなやってるみたいなのでずるいので私も!!!

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村






沖縄!

今日から二泊三日で沖縄旅行行ってきます!(≧ v ≦ )

時間早めに来たので、空港ののラウンジで野菜ジュース飲みまくってる!
もう5杯目!


ダーツバー行ってみようかなあ。
でもマイダーツ持ってきてないや>_<


野菜ジュース
プロフィール

mii

Author:mii
 
miiです。
 
ダーツやってます。

成長過程や考察を日記みたいにして記録していこうと思い、
ブログを始めました。

ダーツ歴は約5ヶ月です。
DartsLive2のレートは現在11です。
大阪の難波などでよく投げてます。

わからないことだらけですが、
どうぞよろしくお願いします。

twitter ID:mkanaty

人気ブログランキング
ビリヤード・ダーツ
ブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。